事業例

「しろありの窓口」 http://www.shiroarikujyo.info (リニューアル中)
地震による家屋倒壊被害の約9割が白蟻や木材腐朽による影響によるものと言われており、生命財産を護る上で定期的なシロアリ対策が必要です。しかしながら、シロアリによる住宅被害は跡を絶つことがありません。その原因の1つにシロアリ業者の風評の悪さがあります。一部の心無い業者による詐欺行為が社会的な問題となったため、シロアリは気になるがどこの業者に相談すれば良いかわからないと言った方が多くいるのです。その為、消費者と事業者の間に障壁があり需要に対しての供給ができてない現象が起きています。また、目に見えない場所での施工である為、経験の浅い粗悪な工事業者によるトラブルも多くあり、さらにはインターネットが普及したことによって悪質な業者による営業活動も容易になりました。このような背景から弊社では、消費者ニーズと健全な防蟻事業者のニーズ、社会的ニーズを繋ぎ合わせたビジネスモデルを開発運営しております。